日本で160番目のCoderDojoを立ち上げました(CoderDojo五反田)

この記事はCoderDojo Advent Calendar 2018の15日目の記事です。おや?今日は23日ですね、すみません。ちなみに、2016年2017年のAdvent Calendarにも参加しました。2018年の今年はCoderDojo五反田のチャンピオンとして書きます。よろしくお願いします!

CoderDojoを立ち上げるときやったこと

CoderDojo五反田は、freeeさんに会場提供をしていただき10月から活動を始めました。といってもまだメンター向けのイベントをやっただけで、ニンジャも参加するイベントは2019年1月19日に行います。その次は2月16日に行います。

そんなわけで、「CoderDojoの立ち上げのときにやったこと」を記事にしてみました。基本的な流れはCoderDojo Kataの立ち上げるに書いてありますので、Kataと一緒にこの記事を読んでいただければ、よりわかりやすいかもしれません。

続きを読む

個人の成長観点からIoTLTを振り返る

この記事はIoTLT Advent Calendar 2018 8日目の記事です。

IoTLTのちゃんとくさんから「急に現れてずっと登壇してる人」という表現を頂いた杉田です。

事実、昨年11月まで大阪で別の会社で働いており、同年12月から東京にやってきたので「急に現れた人」ですし、2月にIoTLTに登壇して以来、一月も休むこと無くIoTLTに登壇しているので「ずっと登壇している人」ですね。さすがちゃんとく先生、よく見ていらっしゃる。

というわけで登壇し続けることでどれくらい成長できたのか振り返ってみます。要約すると、いっぱい登壇して技術的にも成長できたしお仕事の相談も増えたよ、みたいなことが書かれています。

続きを読む

isaaxのスタッフに聞いた五反田のおすすめランチ

この記事はisaax Advent Calendar 2018の4日目の記事です。3日目はよしたくさんが担当しました。isaaxが何かという質問には他の方が書かれた記事を読んでください、とお答えします(笑)

isaaxを開発している企業XSHELLは最近何かと話題の五反田スタートアップです。

ということで僕は、isaaxを開発しているメンバー(自分含め)に聞いた五反田のおすすめランチを紹介をします!五反田にいらっしゃっる際のご参考に。

続きを読む

WordPressのSyntax Highlight系プラグイン10個を比較

プログラミング系の記事を書くとき、ソースコードをきれいに表示したいですよね。コードをきれいに表示することをSyntax Highlight(シンタックスハイライト)とかコードハイライトとか言います。

WordPressにはSyntax Highlight系のプラグインがたくさんあります。このブログでは、Crayon Syntax Highlighterプラグインを使っています。

ですが、このプラグイン、既に2年以上更新されておらず、

このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

と表示されてしまう始末。

困った困ったということで、代替になるプラグインが無いか、10種類のプラグインをインストールして動作検証してみました。

続きを読む

CoderDojoがあれば転勤しても寂しくない【CoderDojo Advent Calendar 2017】

この記事はCoderDojo Advent Calendar 2017の17日目の記事です。(2017/12/17現在で記事落としてる人がチラホラいるな〜チラッ(/ω・\)チラッ)

去年もCoderDojoのアドベントカレンダーに参加してメンターについて書きました。
CoderDojoって知ってる?メンターの役割

11月までは大阪に住んでいて、CoderDojo Japan理事の細谷さん率いるCoderDojo 西宮/梅田の梅田道場に参加していました。12月に転職して東京に住み始めたので梅田の道場には行けなくなってしまい寂しい思いをしています。

が、しかし。

CoderDojo Japanのサイトを見ると日本には実に114以上の道場があるじゃないですか。今まで梅田の道場に引きこもっていましたが、せっかく東京に来たので関東で道場破り、、、もとい道場巡りをすることに決めました。 続きを読む

LTを盛り上げるコツ「お・は・し」について語る【登壇者 Advent Calendar 2017】

本記事は登壇者 Advent Calendar 2017の2日目の記事です。昨日は榊原昌彦さんの「【登壇はいいぞ】はじめての登壇から出版までを振り返る」でした。

さぁさぁ、何を血迷ったのか今年はLT1本しかやってないのに登壇者 Advent Calendar 2017に申し込んでしまいましたので、ライトニングトーク(LT)を盛り上げるための骨を紹介します。

僕にとってのLTのイメージ

盛り上がるLT、聞いてよかったLTというとどんなイメージをお持ちでしょうか?僕は「新しい知識をくれるLT」「話し方が上手いLT」「ライブコーディングorデモを入れたLT」「なんかよく分からないけど盛り上がったLT」の4パターンを思い浮かべます。前3つは、知識や経験に裏付けされたプレゼンテーションなので、難易度が高くとても真似できません。

特別優れた技術を持っているわけでもなく、卓越した話術を持っているわけでもないのにできる「なんかよく分からないけど盛り上がったLT」を目指して今までやってきましたので、本記事ではそのやり方の言語化に挑戦していきます。

あわよくば人前で話す自信なんて無いよ、、、という方がこの記事を読んでLTできるようになってくれると嬉しいです。 続きを読む

感圧センサーと電圧スピーカーをArduinoに繋いでみる

感圧センサー_ブレッドボード

昨日はD2Draftの第5回 D2D 飲みながらコードを書く会で感圧センサーを使って、センサーを押したときの圧力によって出る音程が変わるおもちゃを作ったので作り方を紹介します。

完成形がこちら(動画のボリュームをオンにして再生してください)

今回使ったパーツ

感圧センサーはブレッドボードに直接挿し込んでも良いのですが、ワニ口のジャンパワイヤで接続すれば動画の様にブレッドボードから遠いところにセンサーを設置できて便利です。

回路とスケッチの作り方

ブレッドボード

下記の図のとおりにArduinoに接続してください。

感圧センサー_ブレッドボード

感圧センサーを挿している場所にワニ口のジャンパワイヤを接続すれば動画で紹介したものと同じになります。

感圧センサーからのアナログ値を受け取るには、アナログ入力専用のピンに接続します。今回はA1を使っています。

電圧ブザーはこちらの記事を参考に12番ピンに接続しました。

スケッチ(プログラム)

感圧センサーから値を受け取って、値に応じた周波数の音を出すプログラムを作成します。

ここまで出来たらArduinoに書き込んで動作確認をしてみてください。ちゃんと動かない人は配線をよく確認してください。

少しだけ解説

tone(ピン番号, 周波数)関数は、周波数に0を渡しても音が鳴ってしまいます(スピーカーの種類にもよるのかもしれませんが、僕が持っているスピーカーは音がなりました。)なので、周波数がかなり低いときにはnoTone(ピン番号)関数を使って音を止めるようにしました。

これで、感圧センサーから手を離している時に、ボボボボボ・・・というノイズが鳴らないように制御しています。

たったこれだけのプログラムで面白いものが作れますので、よかったら試してみてください。

感圧センサを距離センサや可変抵抗器に置き換えても同じことができそうですね。

【超初心者向け】MacにPython 3をインストールする方法+アンインストール方法

以前、PythonでMeCabを使って形態素解析する方法の記事を書いたのですが、

Python2.7系でも動きますが、Unicodeの扱いが面倒なのでPython3系をおすすめします。

と言っておいてPython3のインストール方法について何も言及してないことに気づいたので、超初心者向けにPython3のインストール方法をまとめておきます。

ちなみに、買ったばかりのMacははじめからPython2.7が使える状態になっています。

動作環境

  • macOS Sierra (バージョン10.12.3)
  • Homebrewは使える状態

macOS Sierra

El Capitanについて書かれた記事はたくさんありますが、Sierraでもやり方は全く同じです。 続きを読む