CoderDojoがあれば転勤しても寂しくない【CoderDojo Advent Calendar 2017】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はCoderDojo Advent Calendar 2017の17日目の記事です。(2017/12/17現在で記事落としてる人がチラホラいるな〜チラッ(/ω・\)チラッ)

去年もCoderDojoのアドベントカレンダーに参加してメンターについて書きました。
CoderDojoって知ってる?メンターの役割

11月までは大阪に住んでいて、CoderDojo Japan理事の細谷さん率いるCoderDojo 西宮/梅田の梅田道場に参加していました。12月に転職して東京に住み始めたので梅田の道場には行けなくなってしまい寂しい思いをしています。

が、しかし。

CoderDojo Japanのサイトを見ると日本には実に114以上の道場があるじゃないですか。今まで梅田の道場に引きこもっていましたが、せっかく東京に来たので関東で道場破り、、、もとい道場巡りをすることに決めました。

当面めぐってみようと思ってる道場は以下の6つです。

CoderDojo横浜に行ってみて思ったこと

2017年12月9日(土)に開催されたCoderDojo横浜にメンターとして参加してきました。

CoderDojo横浜のチャンピオン和田さん

横浜の道場に知り合いは一人も居なくて参加前はちょっと不安だったのですが、いざ行ってみるとすんなり受け入れてくれ他のメンターさんと色んな話をしながら道場を楽しむことができました。梅田の道場の知名度の高さにも助けられた感じはしました。

梅田では中学生も結構参加していて大人びたニンジャが多く、横浜は小学生がほとんどでとても可愛らしいニンジャばかりで新鮮でした。(梅田のニンジャは憎たらしいくらい優秀な人が多いと言う意味ですよ〜)

僕が主に見ていたニンジャは猫逃げゲームの発展版を作っていました。すごく前のめりの姿勢で取り組んでいるニンジャで「ゲームオーバーの画面が出ない!」「タイマー付けたい!」と次々にやりたい事を言ってくれるタイプでした。僕が「メッセージはわかる?」と聞くと思い出したようで勝手に作り込んでいき、変数の説明をすると納得したようで頑張ってカウントダウンタイマーを作成していました。あまりキレイなスクリプトとは言えないけど工夫がふんだんに組み込まれた作品になりました。

最後の発表の時間には、真っ先に手を挙げて別のニンジャとじゃんけんでどっちが先に発表するか競っていました。

ああ、場所は違ってもここにも将来有望な子ども達が居るなぁ。

と、とてもうれしい気持ちになりました。CoderDojoを続けるモチベーションはこういう子ども達に出会えることにあるのかもしれません。

まとめ

CoderDojoの様に全国規模のコミュニティに参加していると、全然知らない土地に来てもすぐに溶け込めることができて良いですね。当面、関東の道場巡りを楽しんで知見をためていきます。

そしてそのうちCoderDojo五反田かCoderDojo目黒を開きたいと思ってます。印象的に目黒の方が良さそうなので目黒にする予定です。もし開催することになったら誰か手伝って下さい!

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください