網元でインストールしたWordPressに静的コンテンツを追加する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FileZillaで網元に接続する設定方法

本記事は、網元(AMIMOTO)を使って、AWS上にWordPressをインストールした人向けの記事です。

WordPressの記事やアップロードした画像とは別に静的コンテンツをサーバー上に置きたいことがありますよね。例えば、技術ブログを書いていて、サンプルコード(HTMLとJavascriptなど)を置きたい場合。

レンサバを使っていると特に困ることはありませんが、網元でインストールした場合、ちょっとしたコツが必要です。

前提知識

  • AMIMOTOでWordPressをインストールできる
  • ターミナルでEC2にログインできる
  • Linuxコマンドが少しくらいなら分かる

どれか一つでも分からないと、この先には進めませんので悪しからず。

網元のディレクトリ構成

まずは、WebRootディレクトリがどこか調べないとですね。通常のWebサーバーだと/var/www/htmlですが、AMIMOTOの場合は以下の場所にWebRootがあります。

Instance ID は、EC2 Management Consoleで確認できるEC-2インスタンスのIDですが、vhosts直下にはディレクトリが1つしか無いのですぐにわかると思います。

Instance ID

ll /var/www/vhosts/ と打ってみよう

静的コンテンツ専用ディレクトリ作成

WebRoot直下にsampleディレクトリを作って、好きなファイルをアップロードするには以下のコマンドを。ここがちょっとしたコツです。

sample/index.html ファイルをアップロードすることで、実際にURLにアクセスして閲覧することが出来ます。

http://develtips.com/sample/

網元でインストールしたWordPressのディレクトリの所有者は全てnginxになっているので、3行目のsudo chown で所有者をec2-userにしてあげる必要があります。

僕は、GitHubに上げたコードをsampleディレクトリに公開しているので、最後にリポジトリのクローンをしています。ちなみに、git clone {url} . (最後にドット)で、カレントディレクトリにクローンできます。

FTPでアップロードする方法

初期設定ではFTPは利用できないのでSFTPを利用します。EC2に自分のPCの公開鍵(public key)を登録して、接続します。

FileZillaでの設定方法のキャプチャーを参考に設定してください。

FileZillaで網元に接続する設定方法

HostにはEC2のPublic DNSを設定(ec2-xx-xxx-xxx-xxx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.comみたいなアドレス)。Elastic IPを取得している人は、そちらを指定してください。

Protocol:SFTPを選んで、Logon Type:Key file(公開鍵認証)を選ぶ。Key fileはサーバーにログインするための秘密鍵を設定しましょう。

以上で、網元で構築したWordPressサイトに静的コンテンツをアップロードできるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*